米国フィギュアスケート協会は22日、14歳で全米選手権女子2連覇を達成したアリサ・リュウがコーチを変更し、宮原知子(関大)を指導するリー・バーケル氏や過去に浅田真央さんらの振付師を務めたローリー・ニコル氏らに師事すると発表した。

リュウは昨年に国際スケート連盟(ISU)公認大会で女子では初めて4回転とトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を同一の演目で成功させた新鋭。2022年北京冬季五輪での日本勢のライバル候補と目されている。(共同)