バレーボールのVリーグ女子1部が2020-21年シーズンを通常より1カ月以上早い2月下旬で終える計画であることが6月30日、関係者への取材で分かった。延期された東京オリンピック(五輪)の日本代表強化優先のため。19-20年シーズンも五輪に備えて1月下旬で終了しており、2季連続で異例の短縮日程となる。

Vリーグは通常、4月にプレーオフ決勝が行われる。五輪に向けて女子代表チームには強化合宿を早期に始めたい意向があり、考慮したという。2月下旬のVリーグ終了後、代表活動に専念する選手以外による別の大会を2月下旬から3月下旬まで開催する。

男子は昨季、五輪に備えて2月末に終わる短縮日程だった。関係者によると、新シーズンは来年4月にプレーオフ決勝が行われる日程に戻るという。