国際統括団体のワールドラグビー(WR)は6月30日、新型コロナウイルス感染拡大で未開催だった2019-20年シーズンの7人制ワールドシリーズ(WS)の残り試合を中止すると発表した。

これに伴い、男子の日本代表が来季WSに全戦出場できる上位グループに昇格した。昇格を決める大会も中止されたが、予選に当たる2大会で日本が首位通過したことから決定した。