ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(23=クラレ)が2日、オンライン取材に応じ、22年北京オリンピック(五輪)のプレシーズンとなる20-21年シーズンへの意気込みを語った。「しっかり結果を出すことを一番の目標に掲げてやっていきたい」と誓った。

新型コロナウイルスの影響で、例年より1カ月以上遅れの6月中旬からジャンプ練習を開始した。外出自粛期間にヨガを取り入れており、精神統一と集中力アップにつなげたという。今後は8月欧州でのサマーグランプリ出場を予定しており「勇気や元気を与えられる存在になっていきたい」と意気込んでいた。