米プロバスケットボールNBAで八村塁が所属するウィザーズのブルックス監督が6日、オンライン取材に応じ、今月末に再開するシーズンでの八村について「素晴らしい1年目の後半を送ると思う」と期待を寄せた。

新型コロナウイルスの感染拡大による中断から約4カ月半も空いての公式戦再開となる。監督は「塁はまだルーキー。しかし(これまでの経験で)選手たちとどうプレーしていくか分かっているし、試合の激しさも知っている。今までより試合を読むことができるだろう」と分析した。

ウィザーズは7日に集中開催地のフロリダ州オーランド近郊に移動する。(共同)