国際オリンピック委員会(IOC)は21日、1996年アトランタ・オリンピック(五輪)の開会式で聖火リレーの最終ランナーを務めたボクシングのヘビー級元世界王者、故ムハマド・アリさんが聖火台点火の際に使用したトーチが寄贈されたと発表した。

60年ローマ五輪の金メダリストでもあり、パーキンソン病だったアリさんが震える手でトーチを握った姿は多くの人の感動を呼んだ。自動車F1シリーズの最高実力者だったバーニー・エクレストンさんからIOCのバッハ会長に手渡された。

同会長は「このトーチは五輪の象徴。五輪に関わるみんなの胸に今もアリさんの姿がある。この唯一のトーチがIOCにあるのは非常に特別なことだ」と喜んだ。(共同)