男子シングルス1回戦屈指の好カードで、故障からの完全復活を目指す実力者同士の対決はバブリンカに軍配が上がった。過去8勝12敗と負け越していたA・マリーに1セットも許さず「予期していなかったことだ。本当にうれしい」と満足感を漂わせた。

A・マリーは3年ぶり出場の全仏で初戦敗退に終わり「すごく厳しい組み合わせだった。たとえ良くプレーできても勝てる保証はなかった」と不運を嘆いた。(共同)