世界ランキング94位の杉田祐一(三菱電機)は第28シードのカスパー・ルード(ノルウェー)に1-6、3-6、1-6で敗れ、全仏初勝利はならなかった。

杉田は「スタートが悪かったのが一番の敗因。ベースラインでラリーをすべきところで焦り、自分のリズムをつかめないことが続いている。自信を持ってプレーできなかった」と話した。

4年連続13度目の優勝を狙う第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)は順当勝ちしたが、第4シードのダニル・メドベージェフ(ロシア)は敗退。女子シングルスで4大大会23勝のセリーナ・ウィリアムズ(米国)は1回戦を突破した。(共同)