フィギュアスケートの全兵庫選手権は18日に兵庫・尼崎スポーツの森で行われ、女子はショートプログラム(SP)首位の坂本花織(20)が優勝した。フリーもトップの138・29点を記録し、合計214・39点とした。

10月の近畿選手権で体調不良から約1年7カ月ぶりに競技会へ復帰した三原舞依(21=ともにシスメックス)は2位。SPに続き、フリーも2位の127・40点を記録し、合計191・00点だった。

今後は12月の全日本選手権へとつながっていく西日本選手権(29日~11月1日、京都アクアリーナ)に出場する。