新体操の全日本選手権第2日は21日、群馬県の高崎アリーナで個人総合の後半2種目が行われ、女子は昨年の世界選手権代表で前半2種目首位の喜田純鈴(エンジェルRG・カガワ日中)がクラブ、リボンでともにトップとなり、4種目合計84・450点で3連覇した。前日のフープ、ボールを合わせて種目別も全て制し、2015年大会の河崎羽珠愛以来の5冠を達成した。

男子は安藤梨友(青森大)が4種目合計74・350点で初優勝。種目別も全て1位となり、5種目制覇となった。