バスケットボールの第96回天皇杯全日本選手権は13日、川崎市とどろきアリーナなどでB1勢同士の顔合わせとなった準々決勝が行われ、アルバルク東京が74-73で2連覇を狙ったサンロッカーズ渋谷に競り勝ち、4強入りを果たした。

前回準優勝の川崎ブレイブサンダースは72-62で千葉ジェッツを振り切った。B1東地区首位の宇都宮ブレックスは87-72で大阪エヴェッサ、西地区1位のシーホース三河は85-60で琉球ゴールデンキングスに勝った。