今年のバレーボール全日本高校選手権で3度目の優勝を果たした東福岡は14日、バレーボール部の部員、指導者計10人が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と判定されたと発表した。

同選手権は10日まで東京体育館で行われていた。福岡に戻った11日に、部員1人が発熱しPCR検査を受けて13日に陽性と判定。残りの部員、指導者も受検し、14日に新たに部員8人と指導者1人の陽性が判明。陰性の23人は濃厚接触者として、25日まで自宅や寮で待機する。