3連勝中のウィザーズの八村塁が18日、オンライン記者会見に臨み「チームとしてどれだけ力を出せるかというのが問題だった。これからもそういうことを意識してやっていきたい」と語った。

最近3試合で八村は1試合平均14得点、5・7リバウンド。ゴール下でのプレーも力強く「チームディフェンスが(以前よりも)分かってきて、できている。それがオフェンスにもつながっている」と自己分析した。

20日(日本時間21日)からの6日間で、昨季王者のレーカーズ戦を含め敵地で4試合を戦う。「楽しみ。いい流れできているので、その流れに乗ってやっていきたい」と意気込んだ。(共同)