オートバイ世界選手権シリーズの125ccクラスで活躍したイタリアのファウスト・グレシーニ氏が死去したと23日、ロイター通信が報じた。新型コロナウイルスに感染し、入院していた。60歳。引退後にレーシングチームを設立し、2001年には250ccクラスで所属する加藤大治郎が総合優勝を果たした。(共同)