米プロバスケットボールNBAは23日、オールスター戦(3月7日・アトランタ)の控え選手14人を発表し、東カンファレンスからはハーデン(ネッツ)ら、西からはウィザーズの八村塁とドラフト同期のウィリアムソン(ペリカンズ)らが各チームの監督の投票により選ばれた。

ファン投票などに基づく先発選手は既に発表されており、ジェームズ(レーカーズ)とデュラント(ネッツ)の両主将がカンファレンスに関係なく選手を指名し、チームが構成される。(共同)