全日本柔道連盟(全柔連)の前事務局長が複数の職員に対して威圧的な言動を繰り返すなどパワーハラスメントが疑われる行為を繰り返していたことが26日、関係者への取材で分かった。全柔連のコンプライアンス委員会は事案を調査し、前事務局長は1月に自己都合を理由に退職したが、詳細は公表されていなかった。

日本オリンピック委員会(JOC)の会長も務める山下泰裕・全柔連会長が同日午後に東京都内で報道陣に経緯を説明する。

関係者によると、全柔連の事務局で昨春に発生した新型コロナウイルスの集団感染の原因を調べる過程で前事務局長によるパワハラの疑いが発覚。コンプライアンス委が調査報告書をまとめ、山下会長ら執行部に対応を一任したという。

全柔連は今月1日の臨時理事会後、昨年末に申し出があって事務局長が退職したと発表していた。(共同)