2度のタイブレークを落とした錦織圭(31=日清食品)は、精神面を敗因に挙げた。

1、2回戦の好プレーで復調を示す中、上位シードは相次いで敗退していただけに「チョリッチもトップ10ではないので勝ちたかった。自分への期待感もあり、勝ちたい気持ちが前に出たのか硬くなった。気持ちの面でいい状態ではなかった」と残念がった。

2季ぶりのツアー大会4強入りは逃したが、右肘手術や右肩故障で1年以上苦しんだ状態から脱した実感はある。「(復帰後)初めてプレーに自信を持てた。こういう大会が続けば良くなっていく」と完全復活を見据えた。(共同)