錦織圭(31=日清食品)は敗退を悔しがりつつ、今大会で得た収穫を強調した。

-勝負のポイントは

錦織 チョリッチはスロースタートで序盤はミスしていたので、第1セットを取るべきだった。

-タイブレークは

錦織 特に1セット目は振り切れなかったり自分から打てなかったり、硬さがあってミスが出た。

-右肩や体の状態は

錦織 久しぶりに連続の試合もあり(体に)多少重さはあった。今日は守備が最高ではなかった。肩は問題ないので来週も大丈夫だと思う。

-トップ10にいた頃のレベルに近づいたか

錦織 近づいていると思う。今週のプレーのレベルに満足している。まだアップダウンがあるのはしょうがない。

-トップ選手との対戦が楽しみになったか

錦織 多少はやれるだろうな、というのがやっと出てきた。(共同)