カタール・オリンピック委員会(QOC)は5日、国際オリンピック委員会(IOC)が開催地の最優先候補にブリスベン(オーストラリア)を選出した2032年夏季五輪・パラリンピックについて、引き続き開催を目指すと発表した。「初開催に向けてIOCの将来開催地委員会と継続的な対話を維持する」とした。

QOCは8割超が既存施設の会場計画や豊富な国際大会の開催実績、政府の全面的な支援をアピールし、中東初開催の意義を訴えた。(共同)