クレルモン松島幸太朗(28)は、16-19で迎えた後半35分ごろに自陣から左サイドへの攻撃で快走を見せたが、惜しくも逆転トライにはならなかった。

中盤付近でボールを受けると22メートルラインを越えるあたりまで走り、サポートした選手にもパスをつないでトライかと思われた。だが、松島のパスがやや前方だったとみなされて反則に。松島は「確実にトライを取りに行こうとしたのが裏目に出た。自分自身に腹が立った」と、要所でのミスに悔しそうだった。(共同)