フリースタイルスキー、モーグル男子で2018年平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)銅メダルの原大智(日本スキー場開発ク)が、20、21日に富山県で開催される全日本選手権にエントリーしたことが17日、発表された。一昨年から競輪に挑戦している原は2大会ぶりの出場となる。

全日本選手権は来季のワールドカップ(W杯)参戦メンバーの選考に関わる。W杯の成績次第で来年の北京五輪出場が決まるため、原が五輪2大会連続メダルに向けて本格的に再始動した形だ。

原は昨年5月に競輪でプロデビュー。レースに出場する傍らモーグルの練習も再開し、11月には国際スキー連盟(FIS)公認大会に出場した。(共同)