紅組は首位サントリーがNTTコミュニケーションズに94-31で大勝してリーグ戦を7戦全勝で終え、1位でプレーオフトーナメントに進んだ。トヨタ自動車はクボタに25-24で競り勝って6勝目(1敗)を挙げて2位。クボタは5勝2敗の3位となった。白組のキヤノンはNECに71-24で大勝した。プレーオフトーナメントは、下部トップチャレンジリーグの上位4チームを含めた20チームで17日から行われる。

3月に加入したばかりのキヤノンNO8マフィが初出場し、1トライを挙げた。後半5分に退いたが「新しいチームメートが近くに寄り添ってくれた」と感謝。

沢木監督も「これからどんどん良くなっていく」と期待を込めた。日本代表としてワールドカップ(W杯)2大会に出場した実績は十分でプレーオフへ大きな戦力になりそうだ。初戦のは古巣のNTTコミュニケーションズが相手と決まり、マフィは「頑張ります」と気を引き締めていた。