スノーボードの全日本選手権ハーフパイプ第1日は13日、札幌市ばんけいで予選が行われ、男子はオリンピック(五輪)2大会連続銀メダルの平野歩夢(木下グループ)が79・75点で、12人で争う14日の決勝に進んだ。

88・50点の片山来夢(バートン)と85・50点の戸塚優斗(ヨネックス)も決勝に進出した。女子は世界選手権4位で、82・00点をマークした冨田せな(アルビレックス新潟)や81・25点の小野光希(バートン)らが上位6人による決勝に進出。冬季Xゲーム3位の松本遥奈(クルーズ)は予選落ちだった。今大会は来季のW杯派遣選手選考会を兼ねている。