国際テニス連盟(ITF)は30日、選手や競技関係者に対する差別的な誹謗(ひぼう)中傷がインターネット上で続くことに抗議するため、5月3日までソーシャルメディアを一時休止すると発表した。サッカー界なども同様の措置を取っている。(共同)