テニスの女子ダブルスで世界ランキング2位のバルボラ・ストリコバ(チェコ)が4日、現役引退を発表した。AP通信によると、35歳のストリコバは9月に出産予定という。ダブルスでツアー通算31勝を挙げ、2016年リオデジャネイロ五輪で銅メダルを獲得した。4大大会では19年ウィンブルドン選手権で初優勝し、シングルスでも4強入りした。

今夏の東京五輪ではツアーで今季3勝と好調な青山修子(近藤乳業)柴原瑛菜(橋本総業)組がメダルを期待されている。(ジュネーブ共同)