テニスの全仏オープンで精神的負担を理由に記者会見を拒否し、「うつ」を告白した上で棄権した大坂なおみ(日清食品)を巡り、大会を主催するフランス連盟のモレトン会長は13日の会見で、罰金処分を科すなどした対応に問題はなかったとの見解を示した。

「選手全員の公平性が必要だ。ツアー大会にはルールがある。われわれは正しい選択をしたと思う」と強調した。男子の元トップ選手で大会責任者のフォルジェ氏は、会見出席は「選手の責務だ」と指摘。ツイッターで会見拒否を表明した大坂に接触を試みたものの実現できず、同選手の代理人でさえ本心を確認できていなかったことを明らかにした。その上で「来年全仏で再会できることを楽しみにしている」と期待した。