国際オリンピック委員会(IOC)は13日、ウクライナが冬季五輪招致を決めたと発表した。バッハ会長が週末にキエフを訪問した際に、ゼレンスキー大統領が直接、伝えた。

今後は開催年を特定せずにIOCの助言を得ながら開催計画を練る「対話」段階に入る。冬季五輪は2022年北京、26年ミラノ・コルティナダンペッツォ両大会の開催が決まっており、札幌市が30年大会の招致を目指している。