ドーピングの国際検査機関(ITA)は14日、東京五輪の陸上男子400メートルリレーで銀メダルを獲得した英国のチジンドゥ・ウジャの検体から禁止薬物が検出された問題で、B検体からも同じ結果が出たと発表した。ドーピング違反で失格とするかどうかの判断は、国際スポーツ仲裁裁判所(CAS)に委ねられる。

英国が失格となれば3位のカナダが銀、4位の中国が銅メダルに繰り上がる見通し。同種目はイタリアが優勝し、日本は途中棄権した。(ロンドン共同)