日本スケート連盟は23日の理事会で、来年2月の北京冬季オリンピックのスピード代表選考基準を改定し、メダルを狙える有力選手が新型コロナウイルスの影響で12月末の代表選考会(長野市)に出場できなかった場合などの不測の事態に備え、代表圏内に入った選手に代えて選出することができる救済措置を明記した。