ノルディックスキー・ジャンプ女子で2018年平昌冬季オリンピック(五輪)金メダリストのマーレン・ルンビ(27=ノルウェー)が来年2月の北京五輪に出場しない意向を明らかにしたと7日、地元メディアが伝えた。

ノルウェーのテレビ局のインタビューで、体重管理に苦慮していることを明かし、今季は大会に参戦しないと表明した。ルンビはワールドカップ(W杯)で17-18年シーズンから3季連続で個人総合女王に輝き、高梨沙羅(クラレ)に次ぐ通算30勝を挙げている。