日本バレーボール協会が女子日本代表次期監督として、12年ロンドン・オリンピック(五輪)銅メダルに導いた真鍋政義氏(58)に就任要請する方針を固めたことが12日、関係者への取材で分かった。就任すれば16年以来の復帰となる。

男子監督は東京五輪コーチで29年ぶりの8強に貢献したフランス人のフィリップ・ブラン氏(61)の昇格が確実となった。14日の同協会理事会で正式に決まる。

真鍋氏は8強止まりだった16年リオデジャネイロ五輪後に退任し、現在はVリーグ女子1部の姫路のオーナーを務めている。協会内には東京五輪コーチの相原昇氏(53)を支持する声もあったが、Vリーグのチームから強く推された真鍋氏が選ばれた。ブラン氏は04年アテネ五輪でフランス代表の指揮を執ったほか、ポーランドのコーチとして14年世界選手権優勝に貢献。中垣内祐一前監督(53)が就任した17年から日本のコーチを務め、戦術、選手起用などを担っていた。