体操の世界選手権(18日開幕)で女子の本会場練習が15日、北九州市立総合体育館で始まり、今大会が現役最後の可能性を示唆している村上茉愛(日体ク)は東京オリンピック(五輪)で銅メダルを獲得した床運動の他、平均台の種目別に絞って調整した。

計4種目で争われる個人総合を回避。10日ほど前に左足首を痛めたため万全ではないが「死ぬ気で(状態を)戻してきて、人に見せられるような演技になってきた。しっかり(体を)休めて(予選に登場する18日の)本番に向けて調整したい」と語った。

日本勢は出場種目のみ練習し、本番で使われる不慣れな中国製の器具の感触などをチェック。村上は「そんなに焦ることもなく、集中してできた」と話した。個人総合に臨む畠田瞳(セントラルスポーツ)は「雰囲気が派手で、わくわくするような会場。試合までにもうちょっと演技の質を上げていければ」と意気込んだ。平岩優奈(イーグル)は床運動、芦川うらら(静岡新聞SBS)は平均台で演技を確認した。