体操の世界選手権第2日は19日、北九州市立総合体育館で女子予選が終了し、18日に演技した日本勢は種目別の床運動で東京オリンピック銅メダルの村上茉愛(日体ク)が14・166点で1位、平岩優奈(イーグル)が13・400点で6位となり、上位8人(各国・地域最大2人)による決勝に進出した。

平均台で芦川うらら(静岡新聞SBS)が13・533点の6位、村上が13・400点の9位で突破した。個人総合で畠田瞳(セントラルスポーツ)が4種目合計53・798点で4位通過した。8班に分かれた男子予選もスタートし、内村航平(ジョイカル)や橋本大輝(順大)ら日本勢は20日午前の3班で演技する。