スポーツデータの分析や提供を行う専門会社、グレースノート(本社・米国)が開幕まで100日となった北京冬季オリンピック(五輪)のメダル予想を発表し、日本の「金」はノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(クラレ)、スノーボード女子ビッグエアの鬼塚雅(星野リゾート)と男子ハーフパイプ(HP)の戸塚優斗(ヨネックス)の計3個とした。