新体操の世界選手権は27日、北九州市の西日本総合展示場で開幕し、個人種目別決勝はボールで予選7位通過した喜田純鈴(エンジェルRG・カガワ日中)が26・050点で5位に入った。

ジーナ・アベリナ(RGF=ロシア連盟)がフープで27・750点、ボールで29・125点をマークし、2冠に輝いた。個人総合予選は前半のフープ、ボールが終了し、ともに東京オリンピック(五輪)代表の喜田が2種目合計49・600点で7位、大岩千未来(イオン)が45・200点で17位。トップは4連覇を目指す東京五輪銀メダルのD・アベリナで56・725点。