国際オリンピック委員会(IOC)は21日、中国の元副首相に性的関係を強要されたと訴えた同国の女子テニス選手、彭帥さんの安否が懸念される問題で、バッハ会長が同選手との30分間のビデオ通話で無事を確認したと発表した。「北京の自宅で安全かつ元気にしているが、今はプライバシーを尊重してほしい、と彼女は説明した」と疑念の打ち消しに努めた。

来年2月の北京冬季五輪を前に1月に現地入りするバッハ氏は、彭帥さんを北京での夕食に招待し、快諾を得たという。IOCは、バッハ氏と笑顔で通話する様子を収めた写真とともに「彼女は今は友人や家族と過ごすことを望んでいる。しかし大好きなテニスには関わっていく」と強調した。バッハ氏の談話は出さなかった。

IOCの李玲蔚委員(中国)とエマ・テルホ選手委員長(フィンランド)も通話に参加。テルホ委員長は「元気にしているのを見て安心した。リラックスしているように見えた。支援や、彼女の都合が良い時に、いつでも連絡を取り合うことを申し出た。彼女は明らかに歓迎していた」とコメントした。(共同)