米大リーグのレッドソックスやサッカーのリバプール(イングランド)を保有する「フェンウェイ・スポーツ・グループ」は29日、北米プロアイスホッケーNHLのペンギンズの経営権を買い取ることで合意したと発表した。

ロイター通信によると投資額は約9億ドル(約990億円)。年内にNHLの承認を経て正式に決まる。元スター選手のマリオ・ルミュー氏らは引き続き経営陣の一員として携わるという。(共同)