競泳男子の松元克央(セントラルスポーツ)が、25メートルプールで争う世界短水路選手権(16~21日・アブダビ)を欠場することになった。7日、鈴木陽二コーチが明らかにした。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の影響を考慮した。日本勢は瀬戸大也(TEAM DAIYA)のみ出場する。

日本水連は世界短水路選手権への選手派遣を見送ったが、松元や瀬戸は自費で参戦することを決めていた。関係者によると、男子の松井浩亮(新潟医療福祉大職)、女子の大本里佳(ANA)相馬あい(ミキハウス)も出場を予定していたが、取りやめる。瀬戸は現在、米国で練習しており、日本には戻らず直接アブダビに入る。(共同)