決勝が行われ、松下信治が優勝した。野尻智紀が2位、牧野任祐が3位に入り、ホンダ勢が1~3位を占めた。(共同)