プロ最高峰チャンピオンシップツアー(CT)の来季シード権を争う大会が行われ、女子で東京五輪代表の前田マヒナが1組の4人中最高の10・94点をマークし、16人による3回戦に進んだ。

野中美波と松永莉菜は敗退。脇田紗良の7組は22日以降に行う。

男子は上山キアヌと脇田泰地が敗退し、日本勢は姿を消した。(共同)