バスケットボール男子Bリーグの頂点を争うプレーオフのチャンピオンシップ(CS)決勝(2戦先勝方式)に臨む琉球と宇都宮の主力選手と監督が27日、東京体育館で28日から始まる決戦を前にオンラインで記者会見した。西日本勢で初めて決勝を戦う琉球の桶谷監督は「自分たちの目標は日本一」と意気込んだ。

レギュラーシーズン最高勝率の琉球はリバウンドが強み。沖縄が日本復帰50年を迎えたシーズンに初優勝に挑む。沖縄出身の岸本は「何かの縁。優勝することで(沖縄バスケの)歴史をつないできた方たちも報われる」と闘志を燃やした。

昨季準優勝の宇都宮は堅守で5季ぶり2度目の頂点を狙う。安斎監督は「思い切りぶつかっていく」と気合十分。昨季の決勝で緊張や重圧に苦しんだというエース比江島は「いかに普段通り、リラックスしてやれるかが鍵になる」と話した。(共同)