日本中学校体育連盟(中体連)は24日、今夏の全国中学校体育大会(全中)の競泳について、長水路(50メートルプール)ではなく短水路(25メートルプール)で実施すると発表した。3月の地震で、会場のセントラルスポーツ宮城G21プール(宮城県利府町)のメインプール天井が崩落。改修が間に合わず、25メートルのサブプールを使うことになった。

全中の競泳を短水路で争うのは初めてという。リレー種目は実施しない。日程も当初の8月17~19日から、18~20日に変更する。(共同)