テニスの4大大会第3戦、ウィンブルドン選手権(27日開幕)の組み合わせが24日に決まり、シングルス1回戦で男子は世界ランキング101位の西岡良仁(ミキハウス)が同48位のエミル・ルースオブリ(フィンランド)と、ダニエル太郎(エイブル)はアルゼンチン選手と対戦する。

女子は土居美咲(ミキハウス)が第19シードのマディソン・キーズ(米国)、予選を通過した本玉真唯(島津製作所)はデンマーク選手と顔を合わせる。

男子4連覇を狙うノバク・ジョコビッチ(セルビア)は韓国選手と対戦。全仏オープン女王のイガ・シフィオンテク(ポーランド)はクロアチア選手、主催者推薦で出場する40歳のセリーナ・ウィリアムズ(米国)はフランス選手と初戦に臨む。

女子ダブルス1回戦では、全仏の混合ダブルスで優勝した柴原瑛菜(橋本総業)がエイジア・ムハンマド(米国)と組んだ第5シードとして、サラベス・グレイ、宮崎百合子(英国)組と戦う。(共同)