体操の徳洲会は27日、昨年の世界選手権で男子種目別跳馬を初制覇したカルロス・ユーロ(22=フィリピン)が加入したと発表した。ユーロは日本を拠点に練習を続けており、発展途上国の選手強化を図る事業で日本オリンピック委員会(JOC)からの支援を受けている。

ユーロは今春、帝京大に入学。昨夏の東京五輪では跳馬で4位に入り、世界選手権では19年大会の種目別床運動で頂点に立った実績もある。(共同)