テニスのウィンブルドン選手権第2日は28日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブでシングルス1回戦が行われ、男子で西岡良仁(ミキハウス)はエミル・ルースオブリ(フィンランド)に2-6、2-6、6-4、4-6で敗れた。

4大大会今季2戦2勝のラファエル・ナダル(スペイン)はフランシスコ・セルンドロ(アルゼンチン)に6-4、6-3、3-6、6-4で勝ち、2回戦に進んだ。

女子では1年ぶりの4大大会復帰のセリーナ・ウィリアムズ(米国)がアルモニ・タン(フランス)に負けた。5-7、6-1、6-6で迎えた10点先取のタイブレークを7-10で落とした。(共同)