混合シンクロ板飛び込みで須山晴貴、榎本遼香組(栃木県スポーツ協会)は266・46点で9位だった。

水球男子の9~12位決定予備戦で日本はオーストラリアに15-7で勝ち、7月1日に行われるジョージアとの9、10位決定戦へ進んだ。

混合シンクロ板飛び込みの須山、榎本組は4回目を終えて3位と僅差の4位につけ、メダルに迫った。しかし最後の5回目で榎本の踏み切りが乱れるなど得点を伸ばせず、大きく後退。榎本は「自分たちがやってきたことをうまく出せなかった」と悔しがった。

昨年から練習を始め、大会出場はまだ数えるほど。須山は「(表彰台に)手が届きそうだったことは自信になる。やってきたことは、うそではない。来年につながる」と前を見据えた。(共同)