NBAの4チームが集まり、ウォリアーズの本拠地サンフランシスコで行うサマーリーグ「カリフォルニア・クラシック」が2日開幕し、ウォリアーズの馬場雄大はキングズ戦で11分31秒プレーし、4得点、2リバウンドだった。チームは68-86で敗れた。

ウォリアーズの馬場は少ない出場機会で確実に仕事をした。第3クオーター中盤には速攻から巧みに守備をかわして攻め込み、ファウルを受けてフリースロー2本を成功。同じクオーターの終盤にはドリブル突破からレイアップも沈めた。

チームには若手が多く、ドラフト指名された3選手も登録選手に名を連ねるため、今後も出番は限られそうだ。馬場は「その時、その時にいい選択をして、正しいプレーをするしかない。そこから少しずつ信頼を勝ち取っていく」と今後の戦いを見据えた。

ウォリアーズは3日にレーカーズ、5日にヒートと対戦。7日からは全30チームが参加するラスベガスでのサマーリーグに臨む。(共同)

【関連記事】バスケットボールニュース一覧>>