日本バスケットボール協会は6日、シンガポールで同日に開幕する3人制のアジア・カップに出場する男女日本代表各4人を発表した。

男子は東京五輪代表の落合知也(越谷)と保岡龍斗(秋田)に加え、佐土原遼(広島)、38歳の小松昌弘(TOKYO DIME.EXE)が選ばれた。

女子は6月のワールドカップ代表の永田萌絵(デンソー)と中田珠未(ENEOS)のほか、今野紀花(ルイビル大)窪田真優(桐蔭横浜大)が名を連ねた。(共同)