テニスのウィンブルドン選手権、車いすの部男子シングルスで「生涯ゴールデンスラム」を目指す国枝慎吾(ユニクロ)が6日、取材に応じ「リーチがかかっている状態。ここで達成したい」と抱負を語った。昨年の東京パラリンピックでも金メダルに輝いた一方で、4大大会はウィンブルドンのみ優勝がない。「今までにない状態で臨めている」と7日の1回戦に自信を示した。

女子の上地結衣(三井住友銀行)は4大大会全制覇が懸かる。初戦は7日で「(ウィンブルドンは)最後まで取れていないので、勝ちたい。けど、試合に負けるのがすごい悔しいから勝ちたいという気持ちが強い」と闘志を前面に出した。(共同)