ラグビー女子15人制日本代表「サクラフィフティーン」(世界ランク12位)は30日、埼玉・熊谷ラグビー場で南アフリカ(同13位)とのテストマッチ第2戦に臨む。

29日は会場で最終調整し、初めてゲーム主将を担うロック玉井希絵(29=パールズ)は「驚いたけれど、他の選手が声をかけてくれた。安心感がある」と明るい表情で言い切った。

関学大卒業後は地元三重の中学校で英語教員としても活動。ラグビーに専念する前は男子バスケットボール部の顧問を務めた経験を持ち、今度は日本代表の仲間をまとめ上げる。5月には敵地で格上のオーストラリアを破り、南アフリカとの初戦(24日)も15-6で勝利。10月のW杯ニュージーランド大会へ「規律をもう1度修正して挑みたい」と2連勝で弾みをつける。